解体工事の見積もり方法|安心の解体工事の豆知識

解体工事の見積もり相場を知るにはネットなどで、登録業者数の多い見積もり一括サイトを利用することをお勧めします。このサイトでは解体工事の豆知識やおススメの解体業者の選び方など、実際解体工事を行うまでの流れについても掲載しています。

解体工事見積もりと付帯工事費について

building_boroya1.png解体工事は建設業や事業をやっている人ならともかく、一般の人は業者に解体工事を依頼することはあまりないと思います。
それだけに、色々と心配や不安があります。

実際に、解体業者のなかには未だに悪徳業者と呼ばれる会社が少なからず存在しています。
悪徳業者に引っかからないためにはまずは、複数社の解体工事見積もりを取って、比較してみることをおススメします。

今はネットで検索すると一括解体工事見積もりのサイトいくつもありますので、そこに申し込むと複数の業社の解体工事見積もりが送られてきますから、苦労することもありません。

送られてきた解体工事見積もり書を見て気がつくことは、解体工事そのものよりも、それに伴う付帯工事費がかなりの金額を占めているということです。

付帯工事費が解体工事費用を多額なものにしているものには、例えば、解体した後の土地に駐車場を作るケースもかなりあるようですが、駐車場を作るには、車両や重機の費用や追加作業がかかってきます。

ちなみに、上記の工事は後で行うより解体工事をするときに行った方が工事費が安くすむことが多いです。

その他、付帯工事としてかかってくるものには、外構や植栽のための工事、残土の処分や壊した外壁やフェンスなどを処分するためにかかる費用です。
解体工事で発生する付帯工事の知識を得ておいて、出された解体工事見積もりを検討する段階で業者に質問をしたり相談をして、納得してから始めることをおススメします。

当サイトでは、解体業者選びで人気のサイトをご紹介!
業界初の解体工事専門の相見積もりサイト「解体王」では、
金額はもちろん、実績、得意物件などからも選定ができるので、最近注目されてます!!


↓↓↓↓↓

解体王






 

解体工事一括見積りとは

computer_couple1.png解体工事をするときに依頼する業者ですが、昔ほどの悪徳業者は減ったと言っても、まだまだ少なからず悪徳業者もいます。

そして、悪徳業者とまではいかなくても、高額な金額を請求してくる解体業者もあれば、良心的な解体工事見積もりを出す業者もあります。

同じ工事を依頼しても、当然解体工事見積もりの額はどの業者も全部同じというわけではないので、後になって損をした!と、後悔しないためにも、複数の解体業者から解体工事見積もりを取って比較検討することが必要です。

今は「解体工事一括見積もり」というサイトがいくつもありますので、そこへ申し込んで複数社からの解体工事見積もりを無料で取り寄せることができます。

それによって不当な高額の解体業者に依頼してしまう不幸も避けられます。そして、そのサイトが調査してから契約してある解体工事業者を紹介してもらえるというメリットもあります。

複数社の解体工事見積もりを取り寄せることで金額の出し方ほか、その解体業者のおおよその質がわかってきますから、それも参考になります。やはり、人間的に質の良い解体業者こそ丁寧な仕事をしてくれるケースが多いです。

また、複数社の見積もりを取って比較検討してあると、値引き交渉などもスムーズに行うこともできます。

無料の解体工事一括見積サイトには、「解体サポート」、「解体見積りお助け隊」、「解体見積り無料サービス」、「解体無料見積もりガイド」他、多数のサイトがありますから、後悔のない解体工事を行うために利用することをおススメします。

 

解体工事するなら解体業者の選び方を知ろう

sagi_reform1.png解体工事を考えるなら、解体業者の選び方のポイントも重要です。

見積もり金額が安い解体業者とか、安全施工や適正処分してくれる解体業者、近隣対策も万全にしてくれる解体業者、地域での実績が豊富な解体業者などがあげられます。

業者から出された解体工事見積金額ですが、金額が安いと言ってもあまり安すぎるのは要注意と見て良いでしょう。

適正な価格を知るためにも、解体工事一括見積サイトから複数社の見積もりを取ることをおススメします。契約は、納得してから契約をすることが大事です。

また、地域での実績が豊富な良い業者がいればそこに依頼すると安心と言っても、あまり近すぎて、断りたいと思っても断れない場合も出てくることもあります。

しかし、断りたいと思ったら勇気を持って断る方が後々の後悔にならずに良いと言えます。
地元の業者だからというメリットはあまりないという人もします。その業者の営業範囲なら、少し遠くてもそれによって価格が上がることはないようです。

また、家の改築の時などの解体工事の時は、家を建てる建築メーカーが解体工事をするものと思い込んでいる人も多いです。しかし、解体工事と家の建築は分けて、別々に依頼したほうが解体工事費が安くなることが多いです。

それは、工務店や建築メーカーは自分の会社では解体工事を行わないことが多く、外注として解体業に発註するので、中間マージンが発生するからです。従って、解体工事は直接自分で解体業者に依頼することをおススメします。


 
「解体」というと家の解体を連想しますが、現在の解体工事は民家から、アパートから大きなビルまで様々な解体が行われています。 現在は増えた空き家が問題になっていますが、持ち主さえわからない空き家に行政でも手を焼いています。テレビでも時々見かけますが、空き家になった家の近隣の住民の悩みは一通りではないようです。 古くて汚い家にはネズミやゴキブリが大量に発生したり、放火される危険性などなど悩みは尽きないようです。しかし、解体するとなるとそれなりの費用がかかるので放っておく家も多いようです。 今の時代は、人が住まなくなった家を解体したり、家の建て替えのために解体したりと、一般家庭でも家を解体するケースが増えています。 解体業者もそれなりに増えていて、どこに依頼したら良いのかわかりません。当然のことながら、良い解体業者もいれば、悪徳に近い解体業者もいることでしょう。また、悪徳とまでは行かなくても、無責任な解体業者もいます。 解体業者ならどこに依頼しても同じというわけではありません。しっかりと業者選びをして後悔のないようにしたいものです。 それには、解体工事見積もり一括サイトのご利用をおススメします。複数の解体業者を紹介されますし、出された見積りからおおよその相場を知ることが出来る他、見積もりを見比べていると、その解体業者のおおよその姿が見えてきます。 極端に高い解体工事見積もりを出す業者も心配です。反対に安すぎる業者も手抜きをされないかと心配です。見積書にかかれている内容をじっくり検討してから、2,3社に家に来てもらって実際の見積額を出してもらってください。 その時に来た担当者によっても、解体業者のおおよその質がわかってきます。 ちなみに、古民家や旧家の蔵の解体などの時は、骨董品やかなり価値のある古道具などが出てくることもある他、処分するべきか残しておくべきか迷う品物もあると思います。 骨董品や古道具を上手に処分するには、古道具買取の専門店に依頼するのがおススメです。解体業者の知り合いの骨董品屋などもあると思いますので、全く知らない骨董品屋に依頼するよりも安心と言えます。 解体作業は、近隣にも少なから迷惑をかけるものですから、後々のトラブルにも発展しないよう、十分注意を払ってくれる誠実な解体業者を選びたいものです。
永久脱毛